国内旅行中の注意点

国内旅行を快適に楽しむためには、旅行中気をつけたいポイントがあります。

まず体調管理に気を配ることが大切です。

その土地の物が美味しい、出来る限り沢山たべたいという気持ちから旅行中は暴飲暴食になりがちで、消化不良を起こし下痢や便秘になる人が多いようです。

食事は適量に抑さえて、調子が悪くなったら早目に胃薬を飲んで休むようにしましょう。また特に冬は宿泊施設内や移動の電車内などが乾燥しやすく、喉が痛くなったり肌がかさかさになることも多いでしょう。

マスクをしたりこまめに水分をとったりのど飴をなめる、保湿クリームをこまめに塗るなどして乾燥予防をしましょう。宿泊施設では室内に濡れたタオルを干したり、テーブルに水の入ったコップを置いたりして加湿するのも効果的です。

乾燥していると風邪を引きやすいので温かくし調子が悪いと思ったら、風邪薬を飲んで少し横になりましょう。逆に夏場は屋外に長時間いると、熱中症になるのでこまめに水分をとり、帽子や日傘で日陰を作るようにしましょう。

旅行に行くと、普段以上に歩き回ることが多いので足や腰に疲労がたまります。宿泊先のお風呂でふくらはぎや足首などをマッサージしてむくみや足の疲れをとり、シップなどを貼って翌日になるべく持ちこさないよう気をつけましょう。

そして旅行にいくと、気分が高まりお酒を飲んだり話し込んで夜更かしする人もいるでしょう。

しかし夜更かしは翌日に響くのでなるべく早めに休んで睡眠を十分にとり、お酒の飲みすぎにも気をつけましょう。また車や電車、航空機などでの移動中に同じ姿勢を取り続けると血液の流れが悪くなるエコノミー症候群にかかる場合もあるので、足や腕を伸ばすなど簡単なストレッチをしたり、休憩をとって十分に水分補給することも大切です。

Copyright ©  ゴールデンウィークで国内旅行 All Rights Reserved.